発信する物の端くれとして

今回の件、非常に悲しく悔しい事件でした。

 

怪我をされた方や現場に居合わせた方の心情を考えると憤りを隠せません。

 

二度とこのような事が起こらない事を切に願います。

 

ですが、私はこう考えます。

 

エンターテインメントの世界はやはり娯楽の世界であり、

楽しんで初めて成り立つものです。

そんな中、いつまでも塞ぎ込んでいたり、

自粛ムードになってしまうのはいかがなものかと思います。

怪我をした本人たちが退院した事。

そしてHKT劇場で発された後藤の言葉。

福岡から元気を。

これが答えです。

メンバーが歩み始めました。

私たちも歩み始めましょう。

この様な事件に負ける訳にはいきません。

少女たちの夢はまだ先にあります。

 

明日からまた、当研究所も通常運営に戻らせて頂きます。

ACCESS COUNTER

アクセスカウンター