未来の可能性

昨日はTeamKⅣのシアターの女神公演が2回公演だった事もあり、

また、ニコニコ動画の出演等もあった関係で休演が多く、

3期研究生が2名出演となった。

栗原、山内の初出演。

昼公演の序盤では緊張もして居た様に感じたが、

ユニット曲明けからは緊張もほぐれらしさが十分に出て居た様に思う。

しかしながら3期生は本当にモノが違う。

適応能力も素晴らしい。

又、昼公演の前座ガールは坂本。

夜公演の前座ガールは外薗。

それぞれの良さが出ているパフォーマンスだったと思う。

 

以前も書いたのだがやはり3期生をもっと数多く公演に出してあげて欲しい。

正規メンバーでない限りは基本的にパジャマドライブしかない状況。

NMB以外のグループは研究生公演が無い。

その事を考えればHKTはまだ恵まれていると言えるが、

だとしてもメディア露出も含め3期研究生はもっと推してあげて欲しい。

研究生で何かやってみても面白いのではないだろうか。

ラジオ企画でも良いし、動画でも良い。

 

どこか遠慮がちと言うかアピールが足りないと感じてしまう。

性格的に大人しいメンバーが多いのも要因ではあるが、

やはり先輩と数多く公演などで絡まないと関係が近くなれないのであろう。

矢吹・田中(美)は選抜仕事や昇格した事で、

既に先輩とのコミュニケーションも取れている。

 

3期研究生は今のまま研究生にしておく意味はあるのだろうか?

私には酷く意味の無い事のように思える。

乱暴ではあるが正規メンバーに上げてしまってはどうだろうか。

それこそ来月行われるアリーナツアー最終日で発表しても良いと思うがどうだろう。

 

私の希望は先日もお伝えしたが早々に3チーム目を作って欲しい。

ペナントレースがあるので難しいのは分かるのだが正直あんな物は茶番だろう。

兼任メンバーの点数は元のTeamのみにしないと結局AKBしか得はしない。

HKTに至っては公演数の調整でひまわり組も使われている印象。

2つしかチームが無いのだからやろうと思えば1位と2位を独占出来る筈なのだ。

何にしても3期研究生に関しては何か運営側も手を打ってあげて欲しい。

SKEの研究生と組んで公演が出来たりすると何か見えてくると思うのだが…。

 

HKTの研究生を見ていて感じるのは、

未来は明るいと自信を持てる事である。

パフォーマンス力に関して言えば、

既に上位のスキルを持っているメンバーも居ると感じる。

歌唱能力も高いメンバーばかり。

正に少数精鋭なのである。

 

毎日が楽しみになれる存在である事は間違いない。

ACCESS COUNTER

アクセスカウンター