相乗効果

やはりTeamHも仕掛けて来ましたね。

スケッチブックを使ったMCトーク。

これに関して言えばまだ試行錯誤でしょうし、

形は大きく変わるんじゃないでしょうか。

 

ですが、後ナレは行いましたね。

こうした事はHKTに留まらず他の姉妹グループにも広がって行く様な気がします。

 

TeamHの公演もTeamKⅣの公演も漸く合格点に近付いてきたのではないだろうか。

まだまだ足りない部分も多いが成長を感じられる。

 

だが、公演の通算出演回数を数えてみるとベテランクラスなのだ。

先日、AKBの内田が通算600回出演しているが、彼女は5期生である。

HKTで多いメンバーは既に400回以上出演している事から、

公演経験だけ見ればベテランと何ら変わりは無いのだ。

だがどうしても本店や栄、難波の公演レベルを見ると課題は多いと思う。

MCとパフォーマンスのバランスで言えば、

やはり本店は本店と言えるレベルを常に維持している。

 

ここ最近の向上心を見ればHKTはまだまだ成長出来ると私は感じている。

あまりMCばかりに特化して欲しくないのが私の希望である。

 

ACCESS COUNTER

アクセスカウンター