HKT48現在のシアターの女神

H公演「青春ガールズ」KⅣ公演「シアターの女神」ひまわり組「パジャマドライブ」

現在、HKT48ではこの3公演を開催している事は、当研究所を訪れて頂いている皆さんには当然ご存知の通りである事だろう。

 

私が今とても感じているのは1期生、2期生メンバーに時折公演を”熟している”感じが出ている事。

極端な言い方をすると流れ作業をしている様に感じるのだ。

極端な表現なので誤解して欲しくないのだが、小慣れた感じを受ける事があるのだ。

全員が全員そうだとは言わないがMCでもパフォーマンスでもそう感じる事がある。

これはどの公演でも感じる事である。

 

3期研究生は必死さも伝わるし、そんな余裕も無いのが表情から汲み取れるのでそう感じる事は無い。

 

だが、一人良い意味で違うメンバーが居る。

 

ハングリー精神も感じられ、公演自体を本当に楽しそうに参加しているメンバー。

正にシアターの女神とでもいうメンバーが居る。

この感覚は少し前のパジャマドライブから感じていた事なのだが、本当に良い表情をする。

同じユニットに参加した1期生メンバーも意識したのか普段よりも良いパフォーマンスを魅せていた。

このメンバーはパフォーマンス力も高い本村だったのだが、そのメンバーを意識したのか普段よりも素晴らしいパフォーマンスを見せていた。

昨日のパジャマドライブでもそれは起こっていた。

正にシアターの女神の称号を手にするに値するメンバーだと思う。

 

そのメンバーをそろそろお伝えしよう。

外薗である。

今、本当に楽しそうに、又ギラギラした意識を一番持って公演に臨んでいるメンバーでは無いだろうか。

正直な所、本店のパジャマドライブに勉強として参加して貰いたいとすら感じた。

きっと吸収して大きく成長するのではないかと思う。

 

HKTに限らず同演目を演じているグループ同士、交換留学生の様な形で公演に参加してみてはどうだろうか。

ペナントレースの絡みもあるから難しいのだろうが期待したい所である。

 

 

ACCESS COUNTER

アクセスカウンター