夏祭り改善案

先日の夏祭りは大盛況の中終了した。

だが、総支配人の茅野氏も言っていた様に赤字だったのは想像に難くない。

とは言えセキュリティ部分ではまだまだ不安が残る。

 

あの規模を考えればもう100人位は警備員が必要である。

そうなると約150~200万は更に経費が掛かる。

 

それを打破する案をこれから提案したい。

 

・スポンサーを付ける

・イベントにより使う枚数を変える

・イベントの種類を変える

 

まずはスポンサーから。

幾つか種類を考えてあります。

まずは提灯。

簡単に言う盆踊りの時の提灯をイメージして下さい。

あれです。

 

次にイベントのブースにそれぞれスポンサーを付ける。

イメージはディズニーランド等のアトラクションです。

 

次にイステージイベント。

○○杯争奪カラオケ大会の様にすれば良いのではないか。

 

そしてイベントの種類。

メンバーが綿菓子を作ったり、かき氷を作るのは本当に良い事だが、余りにも時間が掛かり過ぎる。

一枚に対して掛かる時間が長すぎる為、効率が悪い。

簡単にメンバーとじゃんけんでも良いのではないだろうか。

じゃんけんに勝ったら記念品とかそれ位してもその分握手券がはければ良い。

 

只、採算度返しで行った側面もあるとは思うので何とも言えない所でもある。

この規模のイベントは年一回位で良いだろう。

個別握手会よりもメンバーと簡単に接する事が出来てしまえば個別握手会の売上に響いてしまうと思う。

プレミア感は必要である。

 

では姉妹グループはどうするのか。

 

これの小さい規模でやはり一年に一回位行えば良いと思う。

それぞれのホームタウンで行えば良いのではないか。

 

企業色を強めてしまう事を懸念する方も居るとは思うが、私はそれでもAKS自体が潤ってこそだと思う。

 

 

ACCESS COUNTER

アクセスカウンター